30代の方が今やるべきこと

妊娠したい30代の方は要チェック!最近は30代で出産する女性も珍しくなくなりました。むしろ30代で出産することが普通のように感じますが、30代の方が妊娠したいならそれなりの準備が必要になることも忘れないで下さい。

 

30代で妊娠したいならしっかりとした準備が必要です

現在は30代の妊娠といってもさほど珍しいものではなくなってきました。ですが、やはり体は20代と比べると少しずつ機能が低下してきているものです。30代で妊娠を望む方はそれなりの準備を自分でしていくことで、妊娠の可能性がグッと高まります。

赤ちゃんを望んでいてもなかなか妊娠しない方、これから子作りを希望されている方、どちらもまずは自分の体を妊娠しやすい体にしていく努力をしましょう。もちろん、受診して、自分の体にあった治療をすることは効果的ですが、それ以外にも自分で出来ること、実はたくさんあるんですよ。

妊娠しやすい体作りに非常に効果的なものとして有名なマカや、葉酸はご存知でしょうか?どちらも薬ではなく、葉酸は栄養素、マカは野菜ですので、安心して摂取することのできるものです。

葉酸はたくさんの野菜に含まれる成分ですので、もちろんサプリメント等で積極的に摂りいれることもできますし、自分で葉酸を含んだ食材を多く使った食事を作るなど、工夫して取り入れることもできます。

また、マカはなかなか一般的には手に入れがたい食材ですので、サプリメントを利用することがいいでしょう。インターネットなどで手軽な金額で購入することが出来ますよ。

 

30代の妊娠しやすい体作りにはマカと葉酸がおすすめ!

妊娠するための体作りとして、やはり一番整えたいのは、基礎体温と排卵ですよね。マカには妊娠に必要なホルモンの過不足の調整や、卵巣の機能の調整等効果があり、これらのことが、基礎体温と排卵の安定へとつながります。ですから、30代で妊娠したい方はぜひマカが摂れる妊活サプリを活用することをおすすめします。

妊活サプリで妊娠しやすい体作りを目指したい方はこちら!

 

さらに、うまく妊娠出来た場合でも、お腹に宿ってくれた赤ちゃんに何かしらの異常がないかなど、お母さんは生まれるまでとても不安になるかと思います。そんなときには葉酸を摂ってください。葉酸は「血液を作ること」「赤ちゃんの健全な発育」等にとても効果があります。葉酸が不足すると、貧血になったり、赤ちゃんの先天性異常を起こしてしまったりする可能性があるんです。

通常、妊娠に気づくころには早くても妊娠4週から5週に入っている頃でしょう。赤ちゃんの組織を形成する中で最も大切なのが脊髄の形成ですが、その脊髄の形成は妊娠してから6週に入るころまでに行われるとされています。そうなると、妊娠に気づいてから葉酸を摂り始めるのでは遅いということになります。健康な赤ちゃんに出会うなら、妊娠する前から葉酸を摂るということが大切なのです。

葉酸を摂って健康な赤ちゃんを産みたい方はこちら!

 

このように、自分で出来ることを最大限に行い、自分の体の調子をしっかりと整えるということが、30代の妊娠には必要となってくるのです。「30代のうちに妊娠したい」という目標を実現するためにも、今できることをしっかりと取り組むようにしましょう!