妊娠しやすい運動

妊娠しやすい体作りのために適している運動といえば「ウォーキング」です。「いつでも」「好きなときに」「お金をかけずに」「自分のペースで」できることが理由です。ウォーキングの効果も妊娠向きですので、運動不足を感じている方はぜひチャレンジしてみましょう。

 

ウォーキングが与えてくれるたくさんのメリット

このサイトでは、”誰でもできる効果的な運動”としてウォーキングをおすすめしています。妊娠しやすい体作りという観点で、実際にどのような効果があるのかを紹介したいと思います。

ウォーキング人は歩く時に無意識にふくらはぎの筋肉を使っており、歩くことでふくらはぎの筋肉が収縮します。そのため足に下がってきた血液を心臓へ戻りやすくしてくれる、つまり血液循環が良くなる効果があります。血液の循環がよくなると体が温まり、妊娠の大敵ともいえる冷え性の解消にも効果が期待できますので、特に女性の方にはウォーキングにチャレンジしてもらいたいと思います。

さらに、歩くことで「足の裏が刺激を受けるので新陳代謝がよくなる」「腹式呼吸になるのでより多くの酸素を体内に摂りいれることができる」ことも大きなメリットでしょう。他にも血液の循環がよくなることで女性ホルモンが活発に分泌されるようになる点も見逃せないですし、自然の中をウォーキングすればリラクゼーション効果を体感でき、ストレス発散・気分転換にもなります。

このように、ウォーキングで適度に体を動かすことで、妊娠を目指す人にとってたくさんのメリットがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ウォーキングでダイエット!

ウォーキングで得られるメリットはまだまだあります。

ウォーキングでダイエット妊娠しやすい運動という点で考えると、ウォーキングは有酸素運動ですので、不妊や妊娠時にリスクを抱えることになる“肥満”の改善・予防にもつながります。一般的にはウォーキングで脂肪が燃焼するのは歩き始めて20分後からとされていますが、もう少し短い時間でも脂肪燃焼されることがわかっていますのであくまで目安の時間と考えましょう。

理想は「1日30分を毎日継続」ですが、三日坊主になってしまっては意味がありません。あまり無理せずに自分が続けられる範囲で少しずつ取り組んでみましょう。