女性の冷え性対策

日本人の女性は冷え性の方が多いというのは有名な話ですが、冷え性が不妊の原因となっている例は少なくありません。冷え性がもたらす不妊の原因とその対策方法を知ることで体質改善を目指しましょう。

 

“冷え”がもたらす不妊の原因

現代社会は、食習慣等の普段の生活習慣やストレスが原因で身体が冷えやすい環境にあると言えます。そうした影響で体が冷えるわけですが、覚えておいていただきたいのは、冷えの影響を受けやすい臓器として子宮があるということです。

子宮が冷えることによって、「子宮筋腫」「卵巣嚢腫」「排卵障害」「生理痛」といった症状が起こりやすくなります。

<子宮筋腫>

子宮の筋層の一部が大きくなってできた良性の腫瘍。症状としては過多月経になる例が一番多いが、無症状のケースも多い。

<卵巣嚢腫>

卵巣に液状成分が溜まって腫れている状態のこと。ほとんどの卵巣嚢腫は小さくて症状もないが、出血や破裂した場合に下腹部痛が生じることがある。

体が冷えることによって血行が悪くなると、ホルモンが正常に行き届かなくなり、ホルモンバランスを崩す原因になります。ホルモンの役割が正常に働かなくなると生殖機能が低下しますので、やはり不妊の原因となってしまうので注意が必要です。

 

冷え性を改善するための具体的な対策とは?

ひとことに冷え性と言っても、その対策方法は人それぞれです。広い視点で自分には何が合っているのかを探す必要がありますが、「冷え性対策」というテーマだけでひとつのサイトができてしまうくらいですから、答えを探すのは簡単ではないですよね。

「妊娠したいコム」では、妊娠を望む方の視点に立って冷え性に有効な対策を提案してみたいと思います。そして私が実際に使ってみてよかった物も紹介してみたいと思います。望みどおりに妊娠できるように、ぜひ冷え性を改善しましょう!

 

対策1:体を温める食べ物

食べ物には体を温めるものと体を冷やすものがあります。冷え性対策のためには、もちろん体を温める効果のある食べ物を摂る必要があります。食事は冷え性対策としては一番取り組みやすいと思いますので、今まであまり意識していなかった方は、この機会にぜひチェックしてみて下さい。

参考 ⇒ 妊娠しやすい食事

 

対策2:冷え性改善向けの運動

体の血行をよくする事が冷え症改善の第一歩になります。血行をよくするという事は新陳代謝をあげるという事であり、そのために一番簡単な方法は運動をする事です。

「妊娠したいコム」では、妊娠を望む方にウォーキングをおすすめしています。ウォーキングには新陳代謝を上げる効果があり、冷え性対策としても効果が期待できますのでぜひチャレンジしてみて下さい。

参考 ⇒ 妊娠しやすい運動