妊娠しやすい体位

“妊娠しやすい体位”というのは、”より多くの精子を子宮まで送り込むことができる体位”という意味です。多くの精子を子宮に送り込むことができれば自然と受精の確率もあがりますので、参考程度に覚えておきましょう。

 

妊娠しやすい体位とは?

それでは具体的に、妊娠しやすいと言われている体位にはどんなものがあるか見てみましょう。

正常位

男性が上、女性が下になる体位で、もはや説明不要なほど一般的な体位です。女性がひざを少し立てると、子宮全体が後傾になって精液がこぼれにくく精子が子宮まで到着しやすくなります。女性の脚を肩に置く”肩掛け正常位”では、女性の脚を上げれば上げる程深い挿入を行うことができ、やはり妊娠向けと言えます。

後背位

いわゆる「バック」と呼ばれる体位で、女性が四つん這いになり、男性は膝をついて女性の腰をひきつけるように後ろから挿入します。後背位は、ペニスの挿入が深くなるので妊娠しやすい体位です。女性がうつぶせになって両足を伸ばし、その上に男性が乗りかかるような感じで行う体位も妊娠しやすい体位のひとつです。

後側位

後背位(バック)の体制のまま、横向きに寝た状態の体位です。骨盤下部を圧迫せず、卵管や子宮に精子が届きやすいことから妊娠しやすい体位と言われています。女性が背中を少し反らせると、男性器の挿入がより深くなり効果的です。

側仰位

側仰位とは、男女が寝ながら横向きになって向かい合う体位のことです。男性器の挿入が深くなり、女性の骨盤を圧迫しません。よって精子が奥まで進入しやすくなるため、妊娠しやすい体位だと言われています。

 

逆に妊娠しにくい体位もある?

もしも妊娠することが目的なら、騎乗位や座位、立位はあまりおすすめできません。それらの体位では男性器の挿入が浅くなり、子宮が下を向くので自然に精液が女性器から流れ出やすくなってしまうからです。

ただし、妊娠しやすい体位と言われているものは、医学的に証明されたわけではありません。あまり体位に固執するよりも、お互いの愛情が溢れるセックスをすることが大切です。

「こういう体位が妊娠しやすいらしいよ」ということで、精神的なプラス効果も期待できますから、参考にしながら一緒にがんばってみて下さいね。