セックスレスの解消

夫婦のセックス、みなさんはうまくいっていますか?いくら妊娠したいと思っていても、セックスレスの状態では何も始まりません。今一度、夫婦のセックスについてじっくり考えてみましょう。

 

セックスレスの背景

セックスをする理由はいくつかあると思います。「夫婦の愛情を確かめ合う・より深める」「赤ちゃんが欲しいから」「ただただ相手のことが好きだから」。どれもセックスをする理由になると思います。

最近は特にセックスレス夫婦が増えているという話をよく聞きますが、なぜセックスレスになってしまうのでしょうか。

それは、夫婦の気持ちの問題だけではなく、男性の勃起障害や女性の性交障害が原因の場合もあります。

もしあなたが現在不妊治療中であれば、それ特有の原因でセックスレスになっている可能性もあります。セックスレスと言っても原因は一概に言えないほど複雑な問題となっているのもまた事実でしょう。

 

夫婦がセックスレスになる原因って?

すでに結婚されて、夫婦となっていれば思わずうなずいてしまう方もいるかと思いますが、結婚当初(もしくは結婚するまで)は自然にセックスしていた方も、月日が経つにつれてだんだんとセックスをしなくなり、気がつけば1ヶ月何もなし…なんてことにはなっていないでしょうか?

また、「排卵日以外はセックスしない」といった、妊娠目的以外のセックスをしていない場合は、どんどんセックスに対する気持ちが冷める原因になってしまいます。これは男性でも女性でも言えることです。

少なくとも、今は「妊娠したい」と思っていらっしゃるでしょうから、このような状態はすぐに解消しなくてはなりません。「セックス=妊娠するため」ではなく、「セックス=夫婦の絆を深めるため」と考えられるようになったら、セックスレス解消に向かっていくのではないでしょうか。

医学的な原因によるセックスレスの解消法は医者に任せるとして、自分たちで解決できる問題として”夫婦間の気持ちの問題”がセックスレスの原因になっているケースが多いと私は思っていますので、その解消法を考えてみたいと思います。

 

相手に興味を持つということ

今は夫婦となり、出会ってから何年も経っているかもしれませんが、ではふたりが出会った頃はどんな気持ちだったでしょうか?

きっと「もっと相手のことを知りたい」「また早く会いたい」「いつも一緒にいたい」という気持ちを少なからず持っていたのではないでしょうか。そして今現在、こういった気持ちが薄らいでしまっているとしたら、昔と今では何が違うのでしょうか?

その答えは「相手に興味が無くなった」という感情にあると思います。相手に興味があれば、前述したような感情が生まれてくるものです。

突然ですが、夫婦生活に絶対に欠かせないのは「愛情」ですが、みなさんはこの”愛情の対義語”って何かご存知でしょうか?それは「憎しみ」でしょうか?「怒り」でしょうか?

実は、愛情の対義語は「無関心です。

もしあなたが相手に対して無関心になってしまっているのであれば、夫婦生活(特にセックスレス解消)において、非常に問題を抱えた状態(=理想の対極にいる)ということが言えるのです。

 

相手からもらうのではなく、相手に与えよう

「最近夫が優しくなくなった」「セックスに愛を感じられなくなった」こんな気持ちになっている人は、ちょっと考えてみて下さい。果たして、自分は夫に優しく接し、夫婦生活の中で上手く愛情表現できているでしょうか?

もし相手に対する不満がでてきたら、ちょっと冷静に「自分は相手に何かしてあげているだろうか」と考えてみて下さい。意外と自分は何もしていなかったりするものです。もちろんそうでない場合も多々あると思いますが、自分だけが何でも完璧にできていることは少ないはずです。

相手に何かを求めたければ、まずは自分が相手に与えてあげる」こういう気持ちを持つことができれば、相手に関心を持った状態になりますし、自然と夫婦生活も上手くいくはずです。いつも相手に求めてばかりいると、はっきり言ってケンカの原因にしかなりません。

セックスレスの原因がこういった気持ちの問題であるならば、それは自分の心がけひとつで解消できる可能性が大いにあります。ほんの少しの気持ちのすれ違いだけで妊娠する機会を失わないよう自分たちのセックスレスの原因をじっくり考え、自分にできることがないか考えてみて下さい。