セックスの回数

妊娠するためにただセックスの回数を増やせばいいというわけではありません。回数よりも、排卵日にあわせたタイミングが重要だとも言えますが、妊娠するための適切なセックスの回数についても考えてみましょう。

 

妊娠しやすいセックスの回数ってどれくらい?

まず最初に、どの期間にセックスをすると妊娠しやすいのかという話ですが、卵子の寿命と精子の寿命から考えると、排卵日の3日前から排卵日を含めた4日間、この間が妊娠しやすい期間となります。この期間に複数回セックスをすることで、妊娠の確率が高まります。

 

セックスして妊娠しやすい期間

 

ただし、妊娠したいからといってその期間中に毎日セックスするのは控えた方がいいでしょう。その理由は、よく言われる「毎日セックスをすると精液の濃度が薄くなるため妊娠しにくくなってしまうから」という理由ではないということです。

(毎日セックスすると妊娠しにくくなるということはありません!)

なぜかというと、ある一定期間(妊娠可能期間)だけ毎日セックスしてしまうと、その行為自体が義務的なものに感じてしまい、それ以外の期間がセックスレスになってしまう恐れがあるからです。それ以外の日でも毎日セックスできればいいのでしょうが、実際はそうはいかないと思います。

ではどれくらいの頻度でセックスをするのがいいのでしょうか。一般的によく言われているのは、妊娠しやすい期間中に2回です。しかも連続でするのではなく、日をあけてする方がベターでしょう。

排卵日と思われる日の3日前にセックスし、排卵日当日にもう1回セックスする、というように夫婦で計画してみて下さいね。

 

妊娠しやすい期間以外にもセックスしましょう

上の説明のように書くと「妊娠しやすい期間以外はセックスしても意味がない」と思われがちです。確かに排卵日前後の妊娠しやすい期間以外のセックスは妊娠の可能性が低くなります。

ただしセックスをしない期間が長く続くと、セックスの回数が少なくなりますので精子をつくる能力が低下してしまいます。せめて1週間に1回はセックスをして、常に精子を新鮮な状態にしておきたいものです。

精子の状態だけではなく、精神的な点からも定期的なセックスをおすすめしたいと思います。先ほども言いましたが、妊娠しやすい期間だけセックスをするというのでは、いかにも”妊娠目的”のセックスになってしまい、義務的な感じが否めません。

特に男性はこのような義務感のあるセックスを嫌うという傾向にあるようですので、押し付けるようなセックスではなく、あくまでも夫婦が楽しめて気持ちよくなれるセックスを心がけるようにしましょう。