排卵日を予測する方法

妊娠するためには排卵日を特定することが非常に重要なポイントとなりますが、それでは一体どのようにして排卵日を調べればよいのでしょうか。排卵日をより正確に知るために、その予測方法を見てみましょう。

 

排卵日の予測には基礎体温の計測が欠かせない

排卵日を自分で予測するために一番大切なこと、それは毎日基礎体温をチェックすることです。

特に問題がない人であれば、基礎体温を毎朝測り、グラフにしていくことで排卵日を推測することが可能です。これは数日でできることではありません。少なくとも3ヶ月は計測することで、自分の基礎体温の傾向を知ることができるでしょう。

 

頚管粘液でも予測が可能

排卵が近づいてくると、頚管粘液(+膣分泌液=おりもの)が粘り気を帯びてくるようになります。この粘度を調べることで、ある程度排卵日を予測することができます。

自分の指をキレイに洗った後に子宮の入り口付近まで挿入し、指で粘液を取り出します。それを親指と人差し指で伸ばしてみます。普段は頚管粘液はサラサラとしていますので、伸ばそうとするとすぐ切れてしまいますが、排卵前は粘度が高くなっているので指で伸ばしても切れにくい状態になっています。このような状態になったら排卵が近いと考えられます。

<頚管粘液(けいかんねんえき)>

精子が膣内に射精された時に、精子が子宮に泳ぎ着くための手助けをしてくれる液。排卵が近くなると、女性はこの液をたくさん分泌することで受精しやすい環境をつくり出している。専門医でも排卵日推測のためにこの液の状態をチェックする。

 

中間痛で排卵の正確な時間が分かる

中間痛とは、卵胞から卵子が飛び出すときに起こる一過性の痛みのことです。主に右下腹部が痛むことが多いようです。(人によっては少量の出血が伴うこともあるようです。)

一般的に、排卵の5~6時間前から鈍い痛みを感じ始め、排卵が近づくとさらに痛みが強くなります。基礎体温表をつけている人は、ぜひ中間痛があった時間を記録しておきましょう。こういった情報が、少しでも確実に排卵日を特定する手がかりとなるのは間違いありません。