基礎体温とは

排卵日を知るためには毎日基礎体温をつける必要があります。それでは基礎体温とは一体どういうものなのでしょうか。妊娠するために必要不可欠となる基礎体温について、基本をしっかり学んでおきましょう。

 

基礎体温ってどういうもの?

「よく基礎体温って言葉は聞くけど、ちゃんとした意味は知らない…」こういう人は実は多いのではないでしょうか。

基礎体温とは、目覚めたばかりの、まったく体を動かさない状態で測る体温のことです。つまり、体の動きが一番安静な状態にあるときの体温という意味ですね。

基礎体温を毎日しっかり測ることで、体のいろいろな状態を知ることができます。例えば、次の生理の時期や妊娠しやすい時期(妊娠するだけではなく、男女の産み分けにも不可欠)や、自分の体調のバイオリズムがどの状態にあるのかを知ることができます。

一般的に、生理後の低温期は1ヶ月のうちで最も体調が良くなる時期といわれています。晴れやかな気分になり、前向きな考え方になる傾向があります。また、肌の調子も良くなります。

一方、生理前の高温期はむくみや肌荒れが起こりやすくなり、心の状態も不安定になりがちな時期(イライラしやすくなる)といわれています。

 

なぜ基礎体温は毎日変化するの?

女性は毎日基礎体温が微妙に上がったり下がったりします。計測してみると分かりますが、およそ1ヶ月周期で同じパターンを繰り返します。

基礎体温が変化する理由ですが、生理が始まる頃に卵胞ホルモンの影響で体温が下がり(低温期)、排卵日になると一度グンと体温が落ち込みます。排卵が終わると今度は黄体ホルモンの影響で体温が上昇していき、2週間程高い体温が続き(高温期)、生理前になるとまた低温期に戻ります。

このように、女性ホルモンの影響で基礎体温が一定の周期で変化しているというわけです。

一般的な基礎体温の推移例

低温期

生理が始まってから半月程、低温期と呼ばれる状態が続きます。個人差がある数値ですから、自分の低温期がだいたい何℃くらいなのか一定期間調べてみましょう。2~3ヶ月もチェックしていれば分かってくると思います。

排卵

低温期と高温期がはっきりしている人は、高温期に入る前に一度グンと体温が下がります。そこから急激に体温が上昇し高温期へと移っていきますが、この体温が急上昇しているあたりに排卵しているとされます。

高温期

排卵後、妊娠していなければ約2週間体温の高い日が続きます。個人差がありますので、低温期よりも高いもの、くらいに意識しておけば問題ありません。基礎体温表によく引いてある「36.7℃」のラインより高いことがひとつの目安になります。