葉酸とは?

妊娠したい方にとって、避けては通れないのが葉酸とのお付き合いです。そんな大切な葉酸とは、一体どういうものなのでしょうか?

 

葉酸とは?

「葉酸」とは栄養素の名前のひとつですが、一般の方にとってはあまり聞きなれないものかもしれませんね。葉酸はビタミンの一種で、ビタミンMと呼ばれることもある、水溶性ビタミンのひとつです。

葉酸が含まれる食品は、ホウレンソウなどの葉物野菜、果物やレバーなどがあげられます。葉酸の名前は、そもそもホウレンソウから発見されたことから由来しているのだそうです。

そんな葉酸は、妊娠中の女性に摂取が推奨されています。なぜなら、細胞の生産を助ける働きがあり、胎児の先天性異常の発症リスクを下げる働きがあるからです。

妊娠中の女性だけでなく、広く健康維持に効果があることもわかっており、動脈硬化や脳梗塞のリスクを下げる働きがあるといわれています。葉酸を摂ることで、閉経後の女性の乳がんの発症率が下がることもわかっているので、女性にとっては有用性の高い栄養素といえるのではないでしょうか。

ただ、葉酸は水溶性ビタミンですので、例えば葉酸がたくさん含まれるホウレンソウでも、水で茹でると溶け出してしまい、摂取できる量が減ってしまいます。葉酸をしっかり摂りたい方は、サプリメントなどを利用するのがベターかもしれませんね。

当サイト管理人の「葉酸サプリ おすすめ人気ランキング」はこちら!

 

葉酸の過剰摂取はNG?

葉酸を摂ることで、さまざまな良い効果があることが分かっています。特に、妊娠初期の女性にとっては、胎児を健康に育てる効果がある葉酸は厚生労働省から摂取がすすめられているほど。でも、大量に摂取することによるリスクがあることをご存知でしょうか?

葉酸を大量に摂取した場合のリスクとしては、自分自身が発熱や蕁麻疹を起こしてしまう、生まれた赤ちゃんがぜんそくにかかりやすくなってしまう、などのリスクがあることが分かっています。また、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にしてしまうリスクもあるといわれています。

いくら体に良く、生まれてくる赤ちゃんの成長を助けるものであっても、極端な摂りすぎはNGということですね。

妊婦さんや、妊娠希望の女性、貧血に悩む女性のなかには、葉酸を積極的に摂ろうとする方が多いでしょう。体に良いものですから、摂れば摂るほど良いと思う方もいるかもしれません。ですが、上記のようなリスクもあることを十分に知り、適切な摂取量を守りたいものですね。

葉酸を摂る場合、サプリメントなどを利用する方が多いようですが、その際は説明書に書いてある摂取方法を必ず守り、多量に摂りすぎないように注意しましょう。