葉酸の効果・効能

妊娠を目指すプレママに注目されている「葉酸」ですが、葉酸にはどういった効果・効能があるのでしょうか?葉酸を摂取する前に、葉酸が秘めているパワーについて確認しておきましょう。

 

葉酸に期待できる効果は?

妊娠初期や妊娠希望の女性が摂ると良い、といわれている葉酸ですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?ここでは、葉酸の効果はどのようなものがあるのか、詳しく紹介したいと思います。

まず、葉酸の効果として代表的なものは、赤ちゃんの先天性異常のリスクを低減させる効果です。胎児の先天性異常の発生リスクを抑える働きは葉酸の働きのなかでも有名なもので、妊娠初期の方にとって、葉酸はとても大切な栄養素といえます。

そのため、特に妊娠初期に葉酸を摂ることが望ましいといわれており、実際に日本でも、厚生労働省は妊娠中の女性に対して葉酸を栄養補助食品(サプリメントなど)で追加摂取することが望ましい、と勧告しているんですよ。

次に、タンパク質と核酸を合成させる効果についてです。

これはつまり「細胞分裂を助ける効果」と言い換えることができ、胎児が成長していく妊娠初期や、赤ちゃんがどんどん育っていく授乳中に葉酸を摂ると良いといわれています。さらに、葉酸には造血効果があるといわれています。また、最近の研究では、閉経後の女性が葉酸を摂ると乳がんの発症が減ることや、動脈硬化や心疾患の防止にもつながることがわかってきています。

確かに、造血や細胞が新しく作られるのを助ける働きがあるなら、健康全体に効果があるのは何となく想像がつきますよね。このため、妊娠中の女性だけでなく広く健康効果があると考えられ、葉酸に対するさらに詳しい研究が行われつつあるのだそうです。

 

葉酸の流産予防効果について

葉酸には、流産を予防する効果があるともいわれています。葉酸には新しい細胞をつくるサポートをするはたらきがあり、子宮の内壁を強くし、流産の予防などに効果があるのだそうです。また、葉酸には造血効果もありますので、貧血が出やすい妊婦さんにとっては、妊娠初期を越えても飲み続けると良い効果が期待できますね。

流産は、さまざまな原因から起こってしまうことですが、胎児が健康に育つことのできる環境を整えるのは、妊婦として大切なことのひとつ。葉酸は妊娠中に不足しやすい栄養素ですから、積極的に摂るようにしましょう。

ただ、葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶けやすく熱にも弱いという性質があります。葉酸が多く含まれる食材としてホウレンソウやレバーなどがありますが、こうした性質から考えると、食べ物だけで葉酸を十分に摂ることは難しいのが現実です。

最近は、手軽に葉酸を摂ることができるサプリメントなども充実していますので、葉酸を摂りたいという方は、サプリメントで柔軟に補給すると良いと思いますよ。実際に、サプリメントで葉酸を摂る方も多いようですね。

(もちろん、私も葉酸サプリを活用していました!)

 

葉酸は飲み始めてからいつ効果がでる?

葉酸には、細胞の分裂を助けて新しい細胞がつくられるのをサポートしたり、体内で血がつくられるのを助ける働きがあります。そのため、女性が妊娠中などに摂ることをすすめられています。また、貧血に悩む方などにも葉酸は効果があります。

そんな葉酸ですが、ホウレンソウなどの野菜に多く含まれることが知られており、こうした食物から摂取することも可能ですが、水溶性ビタミンのため、水に溶けやすく、実際に体内に摂り入れるのは意外と難しいことは先ほど説明したとおりです。

では、実際に葉酸を飲み始めてから、その効果はいつ出てくるのでしょうか?葉酸は確かにさまざまな効果があることが分かっていますが、

「飲み始めてすぐに血が増える」

などの即効性は期待しない方がいいでしょう。

(葉酸は薬ではありませんので…。)

そのため、体質改善を目指してコツコツと飲み続けることが必要だと思います。サプリメントを発売している会社も「最低でも3ヶ月」継続することを推奨しているところが多いですしね。

最近では、持ち歩きがしやすかったり、飲みやすいサプリメントも多く発売されています。無理なく続けられるよう、葉酸のサプリメントを選ぶ際には、「飲みやすさ」や「続けやすさ」も重視して選ぶことが、長く続けられる秘訣といえそうですね。

当サイトでも、おすすめできる葉酸サプリを3つ紹介しています。私が購入したものを、実際に飲んでみてレビューしていますので、葉酸サプリを購入する方はぜひ参考にして下さいね♪

当サイト管理人による「葉酸サプリ おすすめ人気ランキング」はこちら!