葉酸は不妊にも効果があるの?

葉酸は妊娠前から摂取することを推奨されていることもあり、中には「葉酸を飲めば妊娠できる!」と思い込んでいる方も多いようです。「葉酸は不妊に効果があるのか?」しっかり確認しておきましょう。

 

葉酸は不妊治療に効果あるの?

妊娠中の女性にとって大切とされている栄養素のひとつが葉酸です。葉酸は胎児の先天性異常の発生リスクを抑え、新しい細胞や血がつくられるサポートをする栄養のため、女性が妊娠する前から摂取することが勧められています。

そんな葉酸は、「不妊の方にこそ必要」という方もいますが、それは本当でしょうか?

結論からいえば、不妊治療に直接の効果があるかといえば、そうとは言えません。葉酸サプリを飲んだからといって、妊娠しやすくなるわけではないのです。ただ、葉酸には遺伝子を正常に保つ働きや、流産を防ぐ働きがありますので、葉酸を摂っておくことで胎児が育ちやすい体づくりが実現できると言えるのではないでしょうか。

健康な命は健康な母体に宿るといいますから、妊娠希望の方こそ葉酸は積極的に摂りたいですね。また、葉酸が重要なのは妊娠初期ですから、妊娠前から葉酸を摂っておくことで、実際に妊娠した場合に胎児が健康に育つ効果があるといえます。

上記のことから考えると、不妊で悩む方こそ、普段の生活から葉酸を摂るように心掛け、いざ妊娠した場合に良い環境で赤ちゃんを育てていけるようにしたいものです。実際に、不妊治療を行う外来では、夫婦そろって葉酸を摂ることを勧めるところもあるそうですよ?

 

葉酸は着床の手助けをしてくれる

葉酸には細胞を正常に保つ働きや、血や新しい細胞をつくる働きがあり、それは胎児にとって欠かせないものです。

特にその効果があらわれるのは「着床」の段階です。受精卵が子宮に着床後、何度も細胞分裂を繰り返して胎児に成長していく段階で、葉酸は大切なサポートをしてくれるのです。その後も成長を続けていく胎児にとって、新しい血や細胞をつくる助けとなる葉酸は、とても重要な役割を担います。葉酸は流産を防いでくれるというのは、こうした理由からだといえるでしょう。

妊娠中の女性には葉酸の摂取がすすめられていますが、上記のように葉酸は着床の手助けをし、妊娠生活をサポートしてくれますので、本来は妊娠前の段階から摂りはじめるのがおすすめです。

葉酸を摂りはじめたからといってすぐに効果が出るわけではありませんので、妊娠希望の方はコツコツと飲み続け、気長に体質改善を目指すのが良いでしょう。

葉酸はホウレンソウやブロッコリーなどの野菜や、レバーなどに多く含まれます。こうした食品を積極的に食べるのもいいですが、あまり吸収率が良くないので効率的ではありません…。

最近は気軽に葉酸が摂れるサプリメントがたくさん発売されていますから、そういったものを利用しても良いと思いますよ♪

当サイト管理人による「葉酸サプリ おすすめ人気ランキング」はこちら!