コーラックの副作用

コーラックで便秘解消!…のはずが、むしろ悪化?私が社会人時代に経験した、コーラックの副作用による苦しい体験談を紹介します!

 

便秘歴10年以上の私。やっぱり頼るはコーラック?

ピンクの小粒コーラック

私は子供の頃から便秘がちな体質だったこともあり、10年以上も便秘と格闘してきた経験があります

親からは「まぁそういう体質なんじゃない?女性は便秘がちな人多いしねー。」とまるで他人事のように言われ、そういう私も「そんなものなのかな?」と思って特に深く悩むこともなく過ごしてきました。

20代になって社会人になると、便秘もより強烈になってきて仕事中にお腹が痛くなることもしばしば。。

さすがにこのままではマズイと思い、真っ先に頭に浮かんだ便秘薬「コーラック」を薬局で購入。その時は薬の副作用のことなど考える余裕もなく、藁にもすがる思いでコーラックを飲み続ける日々でした。

まさか、あんなことになるとは思いもせずに…。

 

コーラックの副作用?自力で排便できない体に…。

コーラックを飲み始めた最初の頃、「おぉ!めっちゃ出るやん!まじ感動♪」なんて私も思ってました(笑) 実際に出るんです。でも、正直健全なものではなく、かなり下痢気味なんですが…。でも、便秘に悩む人なら分かってもらえると思いますが、とにかく出ることに感動するわけです。

おかげで最初はスッキリしてたのですが、次第に腹痛やお腹がゴロゴロしはじめて仕事中でもトイレに駆け込むことが多くなりました。

(それでもまだ出るだけマシだと思ってました。この考えがいけなかった…。)

だんだんお腹が張る感じが強くなっていき、体調も優れず、仕事に集中できない日々。気がつけば、コーラックなしでは排便できなくなっていたんです。。

 

ここまでの流れを簡単にまとめるとこんな感じになります。

コーラックを飲み続けたらこうなった!

あとで分かったことなんですが、コーラックを飲むと自力排便できにくくなるという副作用が起こる可能性があるみたいです。「自力排便できなくなる」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、なったら本当に苦しいです。

決して笑いごとではありません。

他にも、コーラックのような便秘薬を飲むことで、次のような副作用が起こる可能性があるとのことです。

  • 吐き気をもよおす
  • 激しい腹痛を感じる
  • 下痢が続く
  • 脱腸になる

とにかく、このままコーラックを飲み続けたら体がおかしくなると思い、「便秘薬に頼らないで便秘を解消する!」という、私にとっては壮大なプロジェクトが開始したのでした。

 

副作用のないものをとにかく調べまくった20代。

こういう見出しを書くと、私が30代であることがバレバレなわけですが…。

(そこはノータッチでお願いします)

ビサコジルの構造式

コーラックを飲むと副作用が起こる原因は、コーラックに含まれる成分である「ビサコジル」にあるようです。ビサコジルという成分には、腸のぜん動運動を活発にする効果があり、病院で消化管の検査や手術前に、腸の内容物を出さなければならない時に使用されている成分らしいです。

簡単に言えば、「強制的に便を排出させる!」ってことですね。(よく考えたらちょっと恐ろしい…。)

つまり、自然で安全に便秘を解消するには「副作用のある成分を一切使わずに、お腹に優しい自然由来の成分だけを使ったもの」を体に摂り入れる必要があるってことですね。ただ、そんな都合のいいものが世の中に存在するのか正直分からないまま、とにかくネットで情報を調べまくりました。

ちょうど手元にあったコーラックがなくなりかけた頃、「もしかしたらこれは…!?」と思うものを見つけたんです。

 

救世主!?安全な「オリゴ糖」のパワーにひとめぼれ♪

私がネットで情報を探していて、「これなら副作用もなく安心して便秘を解消できるかも?」と思ったもの、それはオリゴ糖です。

オリゴ糖のチカラ

オリゴ糖は、腸内の環境を整えている「善玉菌」を増やして活性化させてくれるため、便秘の原因を根本的に解消してくれるまさに理想的な成分なのです。

「善玉菌を増やすものって、乳酸菌やビフィズス菌が入った市販のヨーグルトでもいいんじゃないの?」

実は、私も最初そう思ったんです。乳酸菌やビフィズス菌を補給するのは、別にオリゴ糖じゃなくてもいいんじゃないか…と。

 

高純度のオリゴ糖だけが腸内で活躍する!

さらに調査を続けると、驚きの事実が判明。

◆口から入れた乳酸菌やビフィズス菌は、胃で消化され、腸に届くまでに大半が死んでしまう。

便秘解消効果はあまり期待できない…

◆高純度のオリゴ糖は、胃で消化されないため、ほとんどが腸内に届き、腸内の善玉菌を増やして活発にしてくれる。

便秘解消効果が大いに期待できる!

 

そうなんです。乳酸菌やビフィズス菌はいくら摂取しても効果を発揮する前に死んでしまうため、あまり意味がなかったんです。一方、高純度のオリゴ糖は確実に腸に届いてくれるため、腸内環境を整える効果が期待できるのです。

低純度のオリゴ糖は効果が期待できない。

ただ、オリゴ糖だったら何でもいいというわけではないので注意して下さい。ポイントは「高純度(ほぼ100%に近い)」というところです。

よくスーパーなどでシロップ状のオリゴ糖が売られていますが、水飴や添加物が含まれていてオリゴ糖の純度が非常に低くなっているものがほとんど(だいたい40%以下の純度です)。こういった低純度のオリゴ糖はお菓子作りや飲み物の甘味料として使う目的で売られていますので、便秘解消効果はほとんど期待できないそうです。

 

「じゃあ結局、どのオリゴ糖が良いの!?」

そう思った私は、とにかく純度の高いオリゴ糖をリサーチしてみることに。

 

しばらく調べていると、純度ほぼ100%のオリゴ糖が売っているのを発見!直感で「これこそが私の救世主だ!」と、ちょっと大げさなセリフを心の中で叫ぶ私。(注:本人は真剣です。)

どうやらその商品は、ネット通販でしか売られていないようだったので、その場ですぐに1個注文。その日から現在に至るまで、私の便秘解消の救世主として活躍してくれている純度ほぼ100%のオリゴ糖、それはコレなんです。

 

私の便秘解消に役立っているのがコレです!

便秘解消の救世主「カイテキオリゴ」

口コミで噂が広がり、ネット通販だけで10万人以上に愛用されていて、今もなお2分に1個売れ続けている日本一のオリゴ糖商品、それが「カイテキオリゴ」です。カイテキオリゴを飲み始めて2日後…今でも忘れない感動のご対面とはまさにこのことです。(相手は人じゃないですが。。)

今までは考えられないくらいスルッと出てくるんです!

冗談抜きで何年ぶりか分からないスッキリ感です!!

その後も飲み続けて、何年ぶりかのスッキリ感がまぐれじゃないことを実感。

「これは本物だ…」

私はそう確信したのです。ただ、効果があっても副作用の心配が少しでもあれば意味がないのですが、その点もまったく心配無用なんです。

 

妊婦や子供でも大丈夫なくらい、安心・安全なんです。

カイテキオリゴは北海道でとれた「ビート」というイモで作られています。ですから、コーラックのような便秘薬特有の副作用も一切なく、安心して口にすることができるんです。(←ここ重要!)

自然の原料で作られていますから、赤ちゃんや子供、妊娠中の方でも誰でも安全・安心なんです。また、オリゴ糖は血糖値を上げないため、糖尿病の方でもまったく問題ありません。

コーヒーに入れて飲むのがお気に入り

味はほんのり甘く感じる程度で、砂糖みたいに甘くはないです。料理や飲み物に入れてもほとんど味が変わらないので、気軽に使えるのも嬉しいポイントです♪

(私は、コーヒーや紅茶にカイテキオリゴをスプーン一杯分入れて飲むことが多いです。ヨーグルトに入れるのもおすすめです☆)

最近は子供の野菜不足が問題となっており、便秘の低年齢化が進んでいるとも言われていますが、そういうご家庭なら、カイテキオリゴをご飯を炊く時に入れてみたり、お味噌汁にスプーン一杯いれるだけで、子供の便秘という親にとっては悩ましい問題を手軽に解決できちゃうと思います☆

もちろん、妊娠中の大きな悩みのひとつでもある便秘解消にも大いに役立ちますよ!

 

便秘でお悩みのすべての方におすすめしたい!

便秘のストレスも解消

私のように10年間…とは言わないまでも、少しでも便秘がちなことに悩んでいたり、便秘薬を飲んでみたいけど副作用が怖い…という方であれば、このカイテキオリゴは自信を持っておすすめしたい商品です。

私も、最初はなくなったらその都度注文していたのですが、もう本当に手放せなくなったので今では定期購入しています☆

慢性的な便秘も1日100円以下で解決できちゃいますので、一度試してみる価値はあると思いますよ♪

 

「カイテキオリゴ」の公式サイトはこちら!

 

なお、こちらのページでカイテキオリゴについて詳しくレビューしていますので、「何とかして便秘解消したい!」と悩んでいる方でカイテキオリゴが気になる方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね☆

「カイテキオリゴ」の詳しいレビュー記事はこちら