中国式産み分けカレンダー

中国式産み分けカレンダーは本当に当たるの?700年も前に王家の墓から見つかったという「中国式産み分けカレンダー」と、産み分けに欠かせないあるモノを紹介します!

 

中国式産み分けカレンダーは的中率が高い!?

産み分けをちらっと考え始めた時、まずはどうしたらいいだろうと悩むでしょう。そのような場合、まずは中国式産み分けカレンダーをチェックしてみましょう。その前に、中国式産み分けカレンダーについてお話しします。統計のような、占いのようなおもしろさがあるだけではなく、実は的中率がとても高いのです。

このカレンダーは今から700年も前に王家の墓から見つかったという表です。縦軸が数え年、横軸が受胎月となっている表です。

中国式産み分けカレンダー

(出典:http://www.strlog.com/calendar/china.html)

この表を見るだけで、生まれる子が男の子か女の子かが一目瞭然という、大変便利な表です。この表をこのまま使えると、とてもわかりやすくて便利ですね!

 

中国式産み分けカレンダーの使い方

上記のとおり、この表をこのまま使えると、とてもわかりやすくて便利なのです。しかし、この表が作られた時は現在とは違う旧暦が使われていました。それで、縦軸の年齢は満年齢ではなく、数え年で見ます。また横軸の受胎月も、現在の新暦での日付ではなく、旧暦で現在の日付を見なければいけません。ではこの数え年と旧暦についてご説明します。

 

数え年とは?

数え年は、生まれた年を1歳とします。わかりやすく言いますと、その年に迎える誕生日になる満年齢プラス1歳という計算方法になります。たとえば、2016年10月10日に満年齢30歳になる人の場合、満年齢では29歳ですが2016年1月1日に31歳になります。数え年では実年齢よりも2歳も多くなってしまいます。

そして、2016年10月10日に満年齢が30歳になった時、数え年との開きが1歳になります。数え年では1月1日に年齢が増え、誕生日では年齢が変わらないというのがポイントです。

 

旧暦とは?

現在使われている新暦(グレゴリオ暦)では1年は365日ですが、旧暦では1年は354日としています。1年で11日間のずれがあるわけです。それで、3年に1回、閏月を入れて、そのずれを帳消しにするわけです。ですから、西暦では現在2016年5月19日であっても、旧暦では2016年4月13日になります。ですから、カレンダーの5月を見るのではなく、4月を見なければいけないということになります。

 

このようなわけで、このカレンダーを何も知らないでそのまま使うわけにいかないのです。数え年齢は簡単に計算できますが、受胎月に関しては旧暦でセックスをする時の日付をチェックしないといけないのです。

しかし、今は中国式産み分けカレンダーの自動計算器などもありますので、それを使ってみると簡単にチェックできますよ。

 

中国式産み分けカレンダーの的中率は?

女性の数え年と、セックスをする日で産み分けをするなんていうことは信じられないと思う人も多いかもしれません。しかし、巷で言われている的中率は思いの他、高いものです。 中国人の場合99%、アジア人では90%、アメリカ人では85%と言われています。

中国の王家のお墓で見つかったという産み分けカレンダーですから、それなりの信用度があったのではないでしょうか。更に、一人っ子政策があったりして、受胎調節や、産み分けを切実に考えなければいけなかったりした中国人にとてもよく利用されてきたのでしょう。

 

産み分けに中国式カレンダーを使ってみたい場合

セックスの前に、中国式産み分けカレンダーを利用してみるのはよいのではないでしょうか。占いのようでおもしろいですよね。しかし、少しでも産み分けを成功させたいと思っているのであれば、他の方法を合わせて利用するのがよいのではないでしょうか。

中国式産み分けカレンダーでもばっちりで、セックスをする日も産み分けのルールに従ってしっかりと決めた日にするように、産み分けの確率が上がる方法はどんどん取り入れていきましょう!

 

中国式産み分けカレンダーをチェックしたら、次に用意する物は?

産み分けをするには産み分けゼリーを使うのもオススメです。難しいとか面倒とか思うかもしれませんが、実は他の産み分けのための方法よりも簡単かもしれません。セックスの前に女性の膣の中に入れればいいだけですから簡単です。女性はパートナーの前でゼリーを使うのは恥ずかしかもしれませんが、そこは2人で協力したらよいでしょう。

このゼリーは病院で処方してくれる「ピンクゼリー」や「グリーンゼリー」もあるのですが、保険が効かない物ですので高価です。現在、このゼリーはネット通販でも購入できるようです。しかし、処方箋なしでオンライン購入できる国産の「ハローベビーボーイ」や「ハローベビーガール」をオススメしたいです。アプリケーター付きのタンポンと同じような作りですのでとても使いやすく、ネットの口コミでも好評な産み分けゼリーです。

中国式産み分けカレンダーは「本日の産み分け占い」という程度に受け止めるのもよいのではないでしょうか。それで、実際に赤ちゃんの性別がわかった時にあたっていれば、中国式産み分けカレンダーがより神秘的に感じるようになるかもしれませんね。

更に、産み分けゼリーといった他の手段もできるだけ使うと、産み分けが成功する確率がどんどん高くなっていきますよ☆

 

【参考】ブラジル式産み分けカレンダーとの違い

ブラジル式の的中率も高い

700年も前に王家の墓から発掘されたこの中国式産み分けカレンダーの的中率の高さは中国人の間では99%とも言われています。利用している人も多いようです。また、特に産み分けをしなかった人も、妊娠してから占いのように利用してみる人も多いようです。

ところで、この産み分けカレンダーにはブラジル式産み分けカレンダーという物も存在します。これは出所がはっきりとしないようです。けれども、的中率が85%近くあるということです。ではこのブラジル式産み分けカレンダーの特徴をご説明します。

 

満年齢と新暦でカレンダーを見ることができる

中国式産み分けカレンダーは数え年齢と、旧暦でカレンダーを見ます。ですから、パッと見て利用するわけにはいきません。数え年はわかっても、旧暦でセックスをした日付、あるいはする日付はパッとはわかりません。ですから、中国式産み分けカレンダーの自動計算器などを利用するほうが分かりやすいということになります。

しかし、ブラジル式産み分けカレンダーは満年齢と、現在使われている新暦でカレンダーを見ることができます。

ブラジル式産み分けカレンダー

(出典:http://www.strlog.com/calendar/brazil.html)

まさに一目瞭然で、利用しやすいのが一番のメリットです。

 

アメリカなどではブラジル式産み分けカレンダーに注目

アメリカなどではブラジル式産み分けカレンダーのほうに注目しているようです。それにはっきりとしたデータが見つかりませんが、アメリカ人にとっては中国式産み分けカレンダーよりも、ブラジル式産み分けカレンダーのほうの的中率が高くなるらしいです。

この理由には人種的な物があるのではないかと言われています。これはなんとなく頷ける気はしますね。私達日本人は同じアジアの中国式のほうの的中率が高くなるというのもわかるような気はしますね。

ちなみに、ブラジルという国は産み分けも含めた生殖に関する医療技術が進んだ国ではあります。そのような国で作られている物ですから、参考にしてみるのはおもしろいでしょう。ご自身の周囲の妊婦さんとか、子供を産んだばかりの女性で、このような話題ができる人がいたら聞いてみてもおもしろいかもしれませんね。

 

日本人は中国式産み分けカレンダーの方がいい?

ブラジル式産み分けカレンダーの方が簡単に見られて楽ですが、やはり同じアジア人の産み分けカレンダーのほうがよいでしょう。ただし、アジア人以外の血が流れている人などはブラジル式のほうがよいかもしれません。

かなり国際的な人の場合、産み分けカレンダーは占いというくらいに考えて、その他の産み分け法も一緒に利用して、気軽に利用してみるのもよいのではないでしょうか。一番のオススメはネットで簡単に注文できる安全な産み分けゼリーですよ。

 

産み分けゼリーを併用して成功率アップ!

産み分けゼリーも使った方が産み分けの成功率を上げられる

中国式産み分けカレンダーを利用するにしろ、ブラジル式産み分けカレンダーを利用するにしろ、数ヶ月同じ性別の子になる場合があります。例えば、今から3ヶ月以上女の子が続いているけれど、自分たちがほしいのは男の子という場合もあるでしょう。 また、その逆もあるでしょう。中国式産み分けカレンダーをじっくり見ていると、同じ性別の子が生まれる時期が何か月か続く年齢があります。

しかし、産み分けのために何か月も待つというのは、あまり現実的ではないでしょう。特に年齢が高かったり、夫婦のどちらかに出張があったりする場合など、このカレンダーに完全に合わせていたら、妊娠するのがかなり先になってしまうかもしれません。

そのような場合は産み分けゼリーを使いましょう。夫婦の間で、欲しい子供の性別が一致している場合は産み分けゼリーをエッチに取り入れやすいです。夫婦で気軽に潤滑ゼリーをとり入れる話しを進めましょう。オススメはハローベビー・ボーイ/ ガールです。

 

産み分けカレンダーは占い程度に考えるのもアリかも!

中国式産み分けカレンダーも、ブラジル式産み分けカレンダーも的中率は結構高いですね。こんなに高いのですから、これから産み分けをする人はまずはチェックしてみると良いでそう。 しかし、先ほども述べましたが、中国式産み分けカレンダーでは、数ヶ月同じ性別の子供が生まれやすくなってしまう時があります。たとえば、30歳から34歳あたりは女の子が生まれる時のほうが多い感じです。これではなるべくならば男の子がほしい夫婦には、チャンスがかなり少ないことになってしまいます。

そのような場合、産み分けカレンダーは占い程度に考え、ハローベビー・ボーイ/ ガールで産み分けにチャレンジするのもよいのではないでしょうか。

 

まとめ

ブラジル式産み分けカレンダーは中国式産み分けカレンダーとは違い、満年齢と新暦でカレンダーを見ることができるので、わかりやすいですね。しかし、日本人の場合は中国式のほうが人種的に同じ中国式産み分けカレンダーのほうが体質的に合うようです。しかし、ブラジル式では85%、中国式では90%という産み分け成功率があるので、まずはチェックしてみるのもよいでしょう。

更に、「ハローベビーボーイ」や「ハローベビーガール」を使って産み分けの的中率を高めとよいでしょう。もしも、中国式産み分けカレンダーで、長い期間、自分達が欲しい方の子供が産まれる時期が来ない場合などは、こういった産み分けゼリー頼るのがおすすめですよ☆