女の子の産み分け方法

ここでは女の子を産み分けるための具体的なやり方・手順について説明します。女の子の産み分けは男の子の産み分けよりも難しいとよく言われるようですが、しっかり手順を確認して頭の中でイメージし、夫婦で協力して取り組んでみましょう。

まず最初に、女の子の産み分けに必要な取り組みをステップ毎に簡単に説明していきます。ここで一連の流れを把握して、具体的に自分が取り組んでいるところをイメージしてみましょう。

 

ステップ1:基礎体温で排卵日を特定する

排卵日を特定する産み分けに限らず妊娠するための基本中の基本ですが、毎日基礎体温を測ることで自分の排卵日・生理周期をはっきりと知っておくことが必要です。ちゃんとグラフを書いておくとパターンがよく分かります。また避妊をしておくことを忘れないように。コンドームによる避妊がベターです。

(ピルを使用していた場合は、3か月間待つ必要がでてきますので注意が必要です。)

 

続いて、排卵検査薬を使って排卵日の2日前を知るための取り組みを紹介します。排卵日の特定は専門医でも難しいとされますが、産み分けグッズを上手く活用して、少しでも女の子を産むために役立ててみて下さい。

 

排卵検査薬とは?

排卵検査薬排卵検査薬とは、排卵前に分泌量が急激に増加する「ヒト黄体形成ホルモン」の尿中濃度の変化に反応するもので、排卵するのは強い陽性反応が出てから16~24時間後といわれています。使い方はいたって簡単で、検査スティックの採尿部に尿を数秒かけて、陽性反応があるかないかを調べるというものです。排卵検査薬はドラッグストアなどで市販されており、1週間分が3,000円程度で購入できます。排卵の可能性がある時期に検査薬を使えば、より予測を確実なものに近づけることができます。自宅でも簡単に使えますので、ぜひ試してみてください。

 

まず最初に、女の子産み分けのXデーとなる「排卵2日前」を特定する方法ですが、「これなら絶対に特定できる!」という方法は残念ながらありません。排卵日を特定するのが難しいとされる以上、2日前を特定するのも難しいのは仕方がありません。

ただしあきらめないでいただきたいのは、自分の排卵の周期をしっかり把握することで、ある程度の確率で予測することはできるということです。

こればかりは時間をかける必要がありますが、基礎体温を(少なくとも2ヶ月は)毎日付け、排卵検査薬を使用することで排卵がくる周期をつかむことができれば自然と分かってくるでしょう。病院で検査を受けることももちろん有効です。望みどおりの結果が得られるよう、焦らずじっくり取り組んで下さいね。

 

ステップ2:Xデーまでに2回ほどセックスする

自分の基礎体温グラフを見て、次の排卵予定日をチェックして下さい。排卵予定日の2日前が、受胎のためのセックス日(Xデー)となります。

Xデーの前に、2回程セックスをしておきましょう。これは、精液の濃度を調整する(薄める)ためです。ただし毎日のようにしてしまうと逆に薄くなりすぎてしまいますので、2回を目安に行うといいでしょう。

(もちろんコンドームで避妊することを忘れないで下さいね。)

 

ステップ3:Xデーのセックスは”あっさり”と

排卵日の2日前(Xデー)は、いよいよ受胎のためのセックスをする日です。この日のために何ヶ月も前から基礎体温を測ったりいろいろなことに気をかけたりと、苦労も多かったでしょうがいよいよ報われる日がやってきたというわけですね。

Xデーのセックスは、とにかく「あっさりと」終わらせることが大切。もちろん女の子を産み分けるために科学的に根拠があることですので、その理由をしっかり把握しておきましょう。そして、射精をする位置も産み分けに関わってきます。そのために、あっさりセックス向きの体位というのがありますので、その点についても説明したいと思います。

 

まず「女性のオルガズムがNGな理由」についてです。いよいよ待ちに待った排卵日2日前(Xデー)。Xデーのセックスは、とにかく「あっさりと」終わらせることが大切。つまり女性がオルガズムを感じる前に男性が射精する必要があります。

それは女性がオルガズムを感じてしまうと、子宮頚管からアルカリ性の粘液が分泌されてしまい、膣内の酸性度が弱くなってしまうからなんです。

X精子(女の子)は酸性に強いので、膣内をできるだけ酸性に保っておきたいわけです。酸性が弱くなってしまうと、アルカリ性に強いY精子(男の子)が元気になってしまい、女の子を産み分けるにはいい環境とは言えなくなってしまうのです。

 

では「オルガズムを感じないようにするためにはどうすればいいか?」という点についてですが、男性であれば、女性が興奮するような行為をすることは極力避けるべきです。前戯なんかもいけません。女性であれば、セックスの最中でも違うことを考える等、できるだけ感じないようにする努力が必要になってきます。

ただし、「感じる・感じない」は個人差があり、必ずしも上手くいかない場合も想定されますよね。そういった方であれば、後ほど説明する「ピンクゼリー」を使ってみるのもいいかもしれません。

あまりにも産み分けにこだわりすぎて、女性が感じないようにすることだけに集中してしまうと、男性がセックスに対する意欲を失ってしまい、射精できなくなる可能性も十分に考えられます。これでは元も子もありませんよね。

こういう場合は、男性器を挿入する前にできるだけ射精しやすい状態にもっていくように女性が手助けしてあげましょう。こういったところでも夫婦間の協力が必要になってきます。お互いがお互いを気遣い、協力しあうことが大切であることを再認識しましょう。

 

続いて「あっさりセックスのためのおすすめ体位」についてです。これは膣内の射精位置に関係があります。その理由と女の子の産み分けにおすすめの体位を見てみましょう。

射精をする際は、できるだけ膣の浅い位置ですると良いとよく言われます。これは、寿命が長いX精子(女の子)を有利にするために、できるだけ精子に長い距離を泳がせるためです。

精子が子宮に到達する前に、酸性の強い膣を長く泳がせることで、酸性に弱いY精子(男の子)を減らし、結果的に子宮にX精子(女の子)をたくさん到達させることができるというわけですね。

あっさりセックス向きの体位とは、つまり男性器が深く挿入されない体位ということになります。その代表的な例として、以下の2つが挙げられます。

 

伸長位(しんちょうい)

男性が上、女性が下になり、女性は両脚をまっすぐ伸ばしたままで男性が挿入する体位で、正常位のひとつ。

測位(そくい)

男性・女性とも横になる体位だが、男女が対面する体勢を取る前側位と、女性の背後から男性が挿入する後側位がある。やはりこれも深い挿入が難しいので、あっさりセックス向きの体位と言える。

 

「受胎のためのセックスが終わったら、みんなどうしてるんだろう?」
妊娠したいと思っている方なら、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

いろいろ言われているようですが、やはり射精後はすぐに離れてしまわずに一時挿入した状態のままにしておくのがいいようです。さらに離れてしまった後は、すぐにお風呂に入ったりせずに、両脚をしっかり閉じたまま数時間仮眠をとると効果的です。腰に枕を入れて少し腰を高くしておくとよりいいですよ。

逆立ちしたり、腰をあげて両脚を壁に高くたてかけるようにしてる人もいるみたいですが、疲れやすく長時間持たないのであまりおすすめはできません。すぐに動くと精子が出てきてしまうこともありますから、なるべくすぐに動かないこともポイントですよ。

 

ステップ4:受胎セックス後、1週間は避妊する

Xデーのセックスが終わると、長かった苦労も報われたということで思わず気が緩みがち。でもちょっと待って下さい。まだ絶対に受精したとは限らないのです。できればセックスを控えることが望ましいですが、どうしてもという場合は必ずコンドームによる避妊を行いましょう。

受胎のためのセックスを終えるまでには、何ヶ月も前から基礎体温を測り続け、排卵日を推測し、精神的にも一喜一憂しながらこの日を迎えたことではないかと思います。それだけ大変な思いをしてきたからこそ、あと少しがんばって欲しい点があります。それは「1週間は禁欲する(もしくは必ずコンドームで避妊する)」という点です。万が一受精していない可能性がある限り、(これまでの努力を無駄にしないためにも)1週間程度は我慢することをおすすめします。

あくまで想定の話にはなりますが、排卵の2日前から待ち構えていたX精子(女の子)が無事に排卵された卵子と受精できればいいのですが、そう思うように事が運ぶとは限りません。

万が一、排卵日当日に避妊しないでセックスをしてしまい、射精したY精子(男の子)が卵子と受精してしまったら…。これまでの何ヶ月もの苦労がたった1日で無駄になってしまうことになります。

排卵日はあくまで推測した日であるため、自分の推測した日がずれていたり、たまたま排卵が遅れていたということも十分に考えられます。しかも排卵日のセックスは、男の子が生まれる可能性が高いことを忘れてはいけません。

せっかくこれまで夫婦で協力して努力されてきたでしょうから、慎重すぎるくらいになって1週間だけ禁欲(避妊)しましょう。そして最終的にお望みの女の子の赤ちゃんが生まれることを期待しましょう♪

 

参考:ピンクゼリーで効果的な産み分けが可能

ピンクゼリーピンクゼリーを使うことによって、膣内がX精子(女の子)に有利な環境を作り出すことができます。ピンクゼリーを使えば100%産み分けできるというものではありませんが、少しでも確率をあげたい方は使用を検討してみるものいいかもしれませんね。

 

【追記】
ピンクゼリーよりもおすすめの産み分けゼリーを発見しました!これから女の子の産み分けをする方は、こちらの「ハローベビーガール」をお使いになるのがいいんじゃないかと思います。

「ハローベビーガール」の紹介ページはこちら

 

ピンクゼリーって何?

ピンクゼリーピンクゼリーとは、X精子(女の子)が有利な状況になるように、人為的に膣内を酸性に保つようにするために開発されたゼリーです。Y精子(男の子)が酸性に弱く、X精子(女の子)が酸性に強いという特徴に目をつけたというわけですね。

 

ピンクゼリーって安全なの?

人体に含まれている成分だけを使用した物質をゼラチンに溶かして作られており、当然人体には無害。これまでピンクゼリーを使って生まれた赤ちゃんで、問題があったということは一度もないようなので安心です。

 

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの使い方はグリーンゼリーと一緒で、夫婦で協力して使うことが必要です。夫婦でしっかり協力しあって、正しい使い方をマスターしましょう。

手順1

やや熱めのお湯(約50℃)をコップに注ぎ、その中に3分程つけて柔らかくします。

手順2

柔らかくなってきたらフタを開けて、注射器で3~5ml吸い上げます。

(容器を持つ役と注射器で吸い上げる役を分担すると上手くいきます。)

手順3

ゼリーが外に出ないよう女性は腰の下に枕等を置き、腰を高くしておきます。

手順4

注射器を膣内の奥深くに静かに差し込み、ゼリーを注入します。

手順5

女性は両脚をしっかり閉じ、5分間待ちます。

手順6

5分たったらセックスを開始します。

(このときゼリーがこぼれないように注意しましょう。)

 

ピンクゼリーの保存方法

残ったゼリーは、直射日光が当たらないところ(常温)で保存します。注射器も水で洗っておけば大丈夫です。上手く妊娠できなかった時に備えて、しっかり保存しておきましょう。

(開封後、約2年保存できます。)