産み分けの成功率

これから産み分けを検討するのであれば、産み分けの成功率がどれくらいなのか把握しておきましょう。また、産み分けの実際のところや、どういったリスクがあるかを事前に知っておくことは大切です。そして、夫婦が納得して産み分けに理解を示すことが重要であることを忘れないでおきましょう。

 

産み分けが成功する確率はどれくらい?

やはりまず気になるのが、産み分けの成功率ですよね。せっかく取り組むわけですから、絶対に成功させたいものです。ただし、残念ながら現時点で100%の成功率とはいっていないようです。これは体質の問題等なのか、取り組みが甘かったのかその原因がはっきりしているわけではありませんが、「産み分けに挑戦=希望した性別の子供が生まれる」ではないことをまずしっかり認識しておくことが必要です。

では実際どれくらいの割合で成功するのかというと、男女ともに80%程度の成功率となっているようです。これをどう受け止めるかは分かりませんが、”結構成功率高いな”って思った人が多いのではないでしょうか?80%の確率で成功するなら、挑戦する価値が十分にあると言えそうです。

ただこの成功率は、病院で産み分けゼリーを処方してもらったりと、しっかりと産み分け対策を実施した上での確率です。

「産み分けの成功率は上げたいけど、病院に行くのはちょっと面倒…」

実は、そういう方にピッタリのアイテムを見つけましたので紹介したいと思います。自宅で簡単に使える産み分けゼリーですので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

便利な産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」とは?

 

成功する人としない人の”差”はどこで決まる?

最初に触れたように、「20%の夫婦は望みどおりの結果が得られていない」という事実があることを忘れてはいけません。そもそも産み分け以前に妊娠しない人もいれば、初めてのチャレンジでいとも簡単に望みを叶えてしまう夫婦もいるわけです。

産み分けが上手くいかない理由としては、「先天的な体質」があげられます。これは、生まれつき「オルガズムを感じやすい」「膣内の酸性が高い」体質であるということです。こればかりは変えようがありません。

さらに、産み分けのためには「排卵日を特定する必要がある」わけですが、これは病院の専門医であっても難しいとされることですので、産み分けの大変さも少しは理解できるのではないでしょうか。

大切なのは、産み分けのしくみをしっかりと理解して真摯に取り組むことです。例え自分の望みどおりの結果が得られなくても自分の赤ちゃんであることに変わりはないのですから、しっかり愛情を持って育てていくことがあなたにできる一番大切なことなのかもしれませんね。

 

高齢出産における産み分けのリスク

近年、女性のライフスタイルもすっかり様変わりし、昔とくらべて晩婚傾向にあることはみなさんもご存知だと思います。それに伴い高齢出産の割合も当然のように高まってきています。

高齢出産とは「40歳以降の妊娠・出産」のことを指します。40歳を過ぎると、20代、30代の頃とくらべて妊娠率が低下していくため、高齢出産になればなるほど妊娠しずらくなっていくのです。

しかも産み分けをするということは、受胎のためのセックス以外は避妊するということを意味します。さらに産み分けに挑戦する場合には、最低3ヶ月は基礎体温を測るために避妊をし続けなければなりません。3ヶ月以降も1ヶ月に1回以外は避妊をすることになります。つまり、産み分けをするということは、産み分けをしない場合とくらべて妊娠率が下がるということを理解しておく必要があります。

このように高齢出産の産み分けには、赤ちゃんができないかもしれないというリスクがあることをしっかり認識した上で臨むべきでしょう。それだけのリスクを侵してでも産み分けをする必要があるかどうかを夫婦でしっかり検討することが大切です。