人工授精(AIH)

タイミング法で妊娠できなかった夫婦が次に取り組むケースが多いのが人工授精(AIH)です。人工授精というと大掛かりなイメージがありますが、最近は多くのご夫婦がチャレンジされる、珍しくない不妊治療方法になりました。 比較的、夫婦の経済的・精神的負担が軽いと言われる療法ですので、実施を検討する価値は十分あるでしょう。

 

人工授精(AIH)とは?

精子を子宮の中に直接送り込むことで妊娠する確率を上げる方法のことを「人工授精(AIH)」といいます。主にタイミング法で妊娠できなかった場合の次のステップとして位置づけられています。

“人工”受精という言葉の響きから、自然妊娠とはまったく違う、何か機械的な方法をイメージしてしまいますが、精子を子宮に送り込むことだけが人工的な部分で、それ以外はすべて自然妊娠とまったく同じ流れになります。

人工授精という名前からすると、かなり人工的に妊娠させるイメージをうけますが、不妊治療の一環であり精子と卵子が出会うのを助けるための方法である、と考えたほうが正しいと言えます。なぜなら人工授精はパートナーの精液を子宮内に送り込む方法であり、受精や着床は自然の力に任されているからです。

人工授精は、精子と卵子が出会うことが何らかの要因で阻まれて妊娠が不可能になっている場合に実施しますが、精子と卵子が出会えない原因としては、女性の膣や卵管に原因があり精子の侵入を防いでしまっている可能性もあります。他には精子が力をなくし、子宮まで泳いでいくことができない場合もあります。

ほとんどの場合が、精子と卵子が出会うのが可能になれば妊娠の確率がかなり上がるので、このような問題を抱えながらも妊娠を望む方には頼れる方法となっています。

 

人工授精(AIH)を適用するケース

人工授精(AIH)に取り組む条件として、受精や着床ができる環境が整っていることが最低条件となりますが、以下のような問題がある場合に人工授精(AIH)は効果的です。

  • 精子の状態が良くない(数が少ない・運動率が悪い)
  • ヒューナーテストの結果が思わしくない
  • 頚管粘液の分泌量が少ない
  • 不妊の原因が不明である

治療内容が自然妊娠とほとんど同じですので、排卵日にタイミングをあわせて進めることになります。基礎体温計測や経膣超音波検査で排卵日を正確に予測して、排卵日当日(もしくは前日)に人工授精(AIH)を実施します。

 

人工授精(AIH)の具体的な内容

まず最初に男性の精液を採ります。病院内の採精室で行う場合と自宅で自分で採って病院に持参する場合があります。

採取された精液は、特殊な液をまぜ遠心分離します。この方法では精液に混じったゴミや細菌、赤血球や白血球まで除去することができ、運動性の高い精子だけを事前に選んで採るために用いられる方法です。最近の病院では、ほとんどがこういった精液の洗浄・濃縮を取り入れています。

精液の準備ができたら、いよいよ子宮内に精液を注入します。少量の精液(0.3~0.5ml程度)をやわらかいチューブでできた細管に入れ子宮の内腔に注入していきます。その間はほとんど痛みを感じることなく、数分であっという間に作業が終了します。注入後は約30分くらい安静にすれば、そのまま帰宅でき、日常の生活に戻ることができます。

 

人工授精に踏み切るポイントとは?

不妊治療をしていくうちに、様々な方法で効果が得られない場合、人工授精に踏み切る方が多いです。

前段階として、まずタイミング指導がされます。女性は排卵日前後が妊娠しやすいので、正確な排卵日の計算などが指導されます。そして妊娠を妨げている原因を探るべく、精子や卵子のチェックがされます。理由のトップに挙がるのが、女性側の卵子の老化です。高齢出産が多い昨今、これは大きな問題になっています。

次に、男性の精子に問題がある場合もあります。男性の精子が極端に少ない無精子症候群だったり、精子の運動率が低く女性の子宮内まで届く前に死滅してしまって受精できないケースがあります。人工授精ならば、男性の精子の中から元気な精子のみを子宮内に送り込むことができますので、妊娠の確率がかなり上がります

その他には、性行為に障害がある場合もあります。性行為に嫌悪感を感じてしまう性行為障害、男性のEDなどの性機能障害、女性が性交痛などに悩まされる場合がそれに当てはまります。この場合性行為ができないゆえの不妊なので、人工授精が一番効果的な方法であると言えるでしょう。

 

人工授精で妊娠する確率は?

人工授精を検討している夫婦であれば、非常に気になるポイントだと思います。

結論から言うと、人工授精(AIH)で妊娠する確率は約10~20%程度と言われています。1回の費用が1~2万程度と比較的安くすむのと、夫婦の精神的負担が軽いことから、数回チャレンジしてみてそれでも妊娠できなかったら次のステップへと進むケースが多いようです。

 

「人工授精」と「体外受精」の違いは?

人工授精とよく間違われる手法に「体外受精」がありますが、「人工受精」と「体外受精」を同じものだと考える方がいらっしゃいますので、両者の違いについてご説明したいと思います。

「体外受精」とは、精子と卵子を取り出し、体外で人工的に受精させて、受精した受精卵を人工的に子宮内に戻し、着床させる方法のことです。 この方法ですと、精子や卵子に問題があり妊娠が不可能な方でも妊娠が可能になります。

一方「人工授精」は、男性の精子を人工的に子宮内へ送り出す方法です。この方法は女性側の子宮頸管などに問題があり精子が子宮に到達するのを妨げている場合の不妊に有効です。精子が直接子宮に到達することで、受精が可能になるのです。

人工授精は不妊治療の一環ですが、体外受精は高度生殖医療にあたりますのでまったく別の手法と言えます。そのため費用面での違いも大きく、人工授精が5万円程度であるのに対し、体外受精は50万円程度かかります。体外受精は自然妊娠の力に頼るのではなく、体外で卵子と精子を人工的に受精させて、その受精卵を子宮に着床させます。妊娠率は高くなりますが、費用・時間においてもかなり負担が大きくなります。

 

人工授精の際に気をつけるべきこと

人工授精は上記で述べたとおり、確率が高い方法ではありません。ですが妊娠を望むのに障害を抱える夫婦を救う最後の手段としては、希望を寄せられる良い方法とも言えます。

では、人工授精を成功させるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

人工授精の成功の鍵を握るのはタイミングです。正確に排卵日を計算し、その排卵のタイミングに合わせて精液を子宮に送り込めるかどうか、そこに成功がかかっているのです。これには自分でできる排卵日計算以上の精度が求められます。超音波による卵胞の計測を行い、さらには「排卵誘発剤」を用いて、排卵をより確実なものにします。

排卵誘発剤には様々な種類がありますが、注射・内服薬などの中から主治医の勧めるものを選びます。「HCG」と呼ばれる薬が使われることが一番多いでしょう。この排卵誘発剤のHCG注射は卵巣を刺激して、注射後約36時間以内に排卵が起こると言われています。(人工授精の前々日くらいに注射を行うことになります。)

また、排卵誘発剤の「HMG-HCG注射」を用いる場合もあります。HMG-HCG注射は月経周期の3日後から6日後くらいに注射を開始します。その後、毎日1本から3本の注射を打つことを、6日から10日程度続けます。( 最後に打った注射から、やはり36時間後くらいに排卵があると言われています。 )

人工授精の際には、このような正確な計算と、それに合った排卵誘発剤の使用が必要になります。

そしてこれらは医師による指導のもとになされますので、信頼のできる産婦人科を探しましょう。そして人工授精は数回で終わる処置ではなく、そこに至るまでの間にチェック・計算・排卵誘発剤の投与・精液の提出・培養などなど数多くの工程があることを、覚えておきましょう。

軽い気持ちで始めると、あなたもパートナーも疲れてしまう可能性があります。パートナーとよく話し合い、お互いの決意を確認してから、初めて「人工授精」にチャレンジするようにして下さいね。