不妊治療の前に

不妊治療は女性だけ・男性だけで取り組むべき問題ではありません。夫婦の協力関係があってこそ成り立つものです。夫婦でしっかり話し合い、お互いが納得してから不妊治療に取り組みましょう。

 

不妊治療はストレスになる!?

不妊治療に取り組んだ夫婦は、少なからずストレスを感じることになります。妊娠成功までかかった期間や取り組んだ療法によってその大小はありますが、やはり治療ということで病院にも通うわけですから、それもごく自然なことと言えます。

比較的短い期間で妊娠できた夫婦ならさほど問題にはならないかもしれませんが、何年も不妊治療に取り組んでいるのになかなか妊娠できない夫婦もたくさんいます。そういう夫婦にとって、時間がかかればかかるほど不妊治療に対するストレスは想像以上に大きくなるものです。

そのことをまず夫婦間でしっかり共有しあって、不妊治療が原因で夫婦仲が悪くなることがないように心の準備することが大切です。

 

ストレスの感じ方は夫婦間でもギャップがある

一般的な話になりますが、やはり不妊治療でより大きなストレスを受けるのは女性の方です。

まず考えられるのは肉体的なストレスです。不妊治療に取り組むのであれば、ほぼ間違いなく女性の体を検査することになります。病院で検査をされるということは、つまり検査器具を挿入されたり、療法によっては毎日注射されることにもなります。これだけでも大きなストレスになることが想像できると思います。

実際に赤ちゃんを産むのも女性の体ですし、どうしてもプレッシャーを強く感じるのは女性の傾向が強くなります。まずはこのことをしっかり夫に理解してもらうことが必要です。もしあなたが男性であれば、この点を理解する(理解するようにつとめる)ことをぜひお願いしたいと思います。

 

不妊治療中に夫婦でやるべきこと

繰り返しになりますが、不妊治療とはどちらかひとりの問題ではありません。必ず治療前は夫婦で話し合い、ふたりで協力して治療に向き合うことが大切です。ふたりで治療に向き合うと決めたら、それぞれが治療中にやるべきことや注意すべきことを覚えておきましょう。

不妊治療中に夫がやるべきこと

不妊治療中に妻がやるべきこと