排卵誘発剤

排卵がうまく起きていない方の強い味方となってくれるのが「排卵誘発剤」療法です。状態にあわせて使う排卵誘発剤も変わりますので、それぞれの療法の効果と副作用を確認しておきましょう。

 

排卵誘発剤とは?

排卵誘発剤とは、その名のとおり「排卵を誘発する(=引き起こす)」薬のことです。不妊治療にはよく用いられる一般的な療法です。

排卵誘発剤のタイプは2つあり、飲み薬(クロミフェンやシクロフェニル等)と注射薬(ゴナドトロピン等)に分けられます。まず最初は飲み薬による療法からスタートし、効果がなかった場合により強力な注射薬を使う、という流れが一般的なようです。

 

クロミフェン

ゴナドトロピンの分泌を促進することで排卵を起こさせる効果がある。「クロミッド」という商品名でよく知られる。長期的に服用すると、頚管粘液が減ったり子宮内膜が十分に厚くならないといった副作用がでる場合がある。

 

シクロフェニル

クロミフェンと同様の排卵誘発効果があるが、クロミフェンほどの効果はない。利点としては、副作用がクロミフェンより少ないこと。「セキソビット」という商品が代表的。

 

排卵誘発で最もポピュラーな「クロミフェン療法」

排卵を誘発させるために最もよく使われているのがこのクロミフェンと呼ばれる薬です。クロミフェンは、卵胞を成熟させるゴナドトロピンの分泌を促すことで、正常に排卵させようと働きかけてくれます。

クロミフェン療法は、「第1度無月経」と呼ばれる軽度の排卵障害に有効で、症状が重い「第2度無月経」ではゴナドトロピン療法が選択されます。

生理開始後、5日目から5日間ほど毎日飲み続けると、クロミフェン服用開始日から12~14日目にかなりの高確率(70~80%)で排卵が起こります。これで妊娠できる人は10~30%程度となっています。

排卵率が高い割には妊娠率が高くない理由として考えられているのが、クロミフェンの副作用が原因ではないかと考えられています。クロミフェンはエストロゲンを抑制する働きがあるため、排卵時期に子宮内膜が十分に厚くならなかったり頚管粘液が少なくなることがあります。人工授精や体外受精であれば頚管粘液が少なくても妊娠には影響ありませんが、子宮内膜が薄い場合、通常とくらべて妊娠率が半分以下に低下することが分かっています。

このクロミフェン療法を数回試し、妊娠できなかった場合は次の「ゴナドトロピン療法」に移ります。

 

強力な排卵誘発効果と副作用のある「ゴナドトロピン療法」

ゴナドトロピン療法とは、hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)とhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の2種類の注射薬を組み合わせる排卵誘発療法です。

 

hMG

卵巣に直接作用し、卵胞を発育・成熟させる効果がある注射薬。その反面、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群といった副作用がみられることもある。「ヒュメゴン」や「HMG日研」という商品がある。

 

hCG

成熟した卵胞に作用し、排卵を起こさせる注射薬。やはりhMG同様の副作用の可能性がある。商品名「プレグニール」等。

 

ゴナドトロピン療法は直接卵巣に作用し卵胞発育を促します。非常に排卵率が高くなる(90%以上)反面、危険な副作用を起こす可能性があり十分な注意と観察が必要となる治療法になります。また、それだけ手間のかかる療法なのも否めません。

具体的には、1週間程度毎日hMGを注射をする必要があり、その期間は毎日通院する必要がでてきます。卵胞が成長しているかを毎日こまめに検査・チェックし、十分に卵胞が成長したことを確認する必要があります。

卵胞が成長したことを確認できたら、排卵を起こすためにhCGを注射します。hCG注射の後、48時間以内に排卵が起こりますので、そこでタイミング法や人工授精をすることになります。ただ、強力な排卵誘発効果がある一方、副作用の問題も無視できません。

 

排卵誘発剤の副作用

代表的な副作用として、多胎妊娠と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。hMG療法の多胎の発生率は20%にもなると言われ、クロミフェン療法で5%、自然妊娠では1%未満となっていることから、その発生率の高さがうかがえると思います。

OHSSはhCGを注射した後に起こり、排卵誘発することでたくさんの卵胞が育ち、刺激された卵巣が10センチ以上に大きくなり腹水が溜まったり卵巣が腫れたりする副作用のことです。発生率はクロミフェン療法ではほとんどないのですが、ゴナドトロピン療法では10%程度と比較的高くなっています。

もし排卵誘発剤による療法を希望するのであれば、これらのリスクを事前にしっかり説明してくれる病院を選ぶことを忘れないようにしましょう。