タイミング法

タイミング法とは、妊娠するためには排卵期にセックスをするという基本的な考え方に基づいた治療法のことです。精神的にも経済的にも最も負担が少ない不妊治療ですので、不妊治療の基本として覚えておきましょう。

 

タイミング法とは?

タイミング法とは、その名のとおり「女性の排卵の時期とセックスのタイミングを合わせること」で妊娠させる最も基本的な治療方法です。

そのためには、最も妊娠しやすい日がいつなのかを正確に知ることと、そのタイミングでセックスをすることが大前提になります。しかし、その基本的なことが意外とできないものであり、こういった治療法が存在する理由のひとつになっていると言えるでしょう。

タイミング法を実施するにあたっては、基礎体温の計測と、経膣超音波検査が欠かせません。

 

経膣超音波検査

子宮や卵巣の状態を正確に調べることができ、不妊の原因となる病気がないかチェックできる検査。卵巣の中にある卵胞の発育状態も分かるため、排卵日を予測するのにも非常に有効な検査である。

 

排卵している可能性が高い時期とは?

基礎体温をある一定期間付けている人であれば、自分の排卵が起こる日をある程度予測することができるようになります。通常であれば、排卵は生理が始まった日から約2週間後、基礎体温が最も低くなる日(一度ぐっと体温が低くなる日があります)の付近で起こります。

ただしここで勘違いしないで欲しいのは、その最も体温が低くなった日に必ず排卵しているわけではないということです。ここはよく勘違いされやすいポイントなのでしっかり覚えておいて下さい。事実、この日に排卵が起こる確率は20%にも満たないと言われています。

「じゃあ最も排卵する可能性が高いのはいつなの?」

という声が聞こえてきそうですが、実は排卵日の可能性が一番高いのは、最も体温が低い日から体温が上昇している期間、つまり低温期から高温期へと移行する時期なのです。最も体温が低くなった日から1~2日後が最も高いと言われています。

ただ、「最も確率が高い」というだけで、これは絶対ではありません。個人差もありますし、その時の体調にも左右されるからです。ただ、基本情報として知っておくことで、妊娠の確率をあげることができるのは間違いないのでぜひ覚えておきましょう。

 

「経膣超音波検査」でより正確な排卵日を把握できる

基礎体温である程度の排卵時期が分かるようになったら、この検査でより正確な排卵日を特定することができます。

この検査では、排卵日と予想される日の数日前に受けて、卵胞の大きさをチェックします。卵胞は毎日2mmずつ大きくなり、直径が20mmくらいの大きさになると破裂して排卵が起こることが実証されています。この法則をうまく活用すれば、後何日後に排卵するかを正確に予測することができる、というわけですね。

 

セックスの回数と妊娠のしやすさの関係性

排卵日の予測ができたら、そのタイミングでセックスをすれば妊娠する可能性が非常に高まることは言うまでもありません。では、セックスの回数(頻度)と妊娠のしやすさには何か関係性があるのでしょうか。

実は、セックスの回数と妊娠のしやすさには密接な関係があります。

妊娠を妨げる要因が特にない場合、セックスの回数が多いほど妊娠する可能性が高いことが分かっています。一番妊娠する確率が高いのは、週に1回以上(月に5回以上)の夫婦であるというデータが出ています。

タイミング法を実践している期間は、どうしても排卵日にあわせてセックスすることだけに意識が集中しがちです。もちろんそれは大切なことですが、夫婦が楽しいと思えるセックスの回数を増やすことが大切であることを物語っている例と言えるでしょう。