生理痛の原因と対策

人によってはひどい痛みを伴うこともある生理。その生理痛が起こる原因もまた様々です。ストレスからくるものもあれば、不妊の原因ともなりかねない子宮の病気の影響の場合も。生理痛がひどい方は要チェックです。

 

生理痛のさまざまな症状

生理のときにあらわれる痛みを総称して「生理痛」と呼びます。生理痛の代表的な症状は下腹部の痛みと腰痛ですが、人によっては頭痛に悩まされたり吐き気をもよおす人もいます。痛む時期にも、生理の前から痛み始める人もいれば、生理の1~2日目がすごく痛むという人もいます。

痛み方も実に様々で、少し痛む程度というケースや、薬を飲まないと過ごせない人、ひどい人になると生活に支障がでるケース(仕事を休まざるをえない等)もあります。

 

生理痛の原因とは?

生理痛が起こる原因としてはいくつか考えられることがあります。生理痛の原因を知ることで、自分なりの緩和策を考えてみましょう。

 

生理痛の原因 ~心身のストレス~

ストレスが生理痛の原因に精神的ストレスや緊張などを感じると交感神経が異常に働き、血管や子宮の平滑筋が過度に収縮され、子宮への血液の供給不足や酸素不足をもたらすことによって生理痛が起こります。また、思春期に重い生理痛に悩まされた人の中には生理に対して嫌悪感や不安感を持っていることが多く、痛みに過敏になっている場合があります。

過去に中絶した経験があると、「生理痛は人工中絶をしたのが原因ではないか」と悩む人もいます。人工中絶自体は生理痛の原因にはならないので安心して欲しいのですが、そのように自分を精神的に追い込むことによってストレスが発生し、生理痛の原因になっている可能性は大いにあります。

 

生理痛の原因 ~ホルモン分泌~

生理のときには、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンが子宮を収縮させて、不要になった子宮内膜や血液の排出を促す働きをしてくれます。

体質的にプロスタグランジンの分泌量が多い方は必要以上に子宮が収縮するため、下腹部痛や腰痛を感じるようになります。成人後にもひどい生理痛が続くような場合には、このホルモンの過剰分泌が考えられます。このプロスタグランジンですが、生理痛に悩む女性は生理痛のない女性と比較して、多く分泌されていることが証明されています。

 

生理痛の原因 ~子宮の病気~

子宮筋腫や子宮内膜症などが原因となる場合もあります。子宮筋腫があると出血量が増え、痛みも激しくなります。子宮内膜症も年々痛みが強くなり、時には鎮痛剤などが効かない程痛みが激しくなる場合もあります。

「最近痛みがひどくなってきた」「生理の時に出血量が増えた」といったように、これまでの生理と様子が変わってきたと感じた際には、早目に病院で受診した方がいいでしょう。

 

生理痛の原因 ~生活習慣~

冷たい飲み物を飲み過ぎると生理痛の原因に特に夏になると冷たいものを食べたり、飲んだりすることが多くなると思いますが、過剰に冷たいものを摂ると内臓の冷えが起こり、内臓等の筋肉の収縮力が異常に強くなり、月経血の流れが悪くなることで生理痛が起こります。食べ物に限らす、冷房や薄着などで同様に体が冷えて血行が悪くなることで生理痛を強く感じることがあります。

食べ物の観点で言うと、体内に取り込んでいるはずのカルシウムやマグネシウムが大量に不足することで生理痛が起こる場合も多いので注意が必要です。

また、生理痛は生活の変化や精神的なストレスなどによっても、痛みが生じることもあります。不規則な生活、極端なダイエット、運動不足なども影響していることが多いようです。不規則な生活をあらため、精神的にも肉体的にもリラックスすることで痛みは緩和できます。

 

生理痛を少しでも緩和させるために

生理痛でお悩みの方は、コーヒーや紅茶などカフェインを含むものは控えることをおすすめします。その他には、水分や塩分などむくみをおこすもの、特に生理前は果物や生野菜サラダ、冷たい飲料水は摂らないように心がけることが大切です。

整理前は控えましょう!

逆に積極的に摂取して欲しいのは、大豆やアーモンド・プルーン大豆といった豆類で、これらは大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで、ホルモンバランスを正常化してくれます。

チョコレートやあずきなどの甘いものは、血糖値が上がり血流を良くしてくれます。生理時は体がだるくなりがちで脳が甘いものを欲しがりますから、こういったものを食べるのもおすすめです。

またアーモンドにはビタミンEが豊富に含まれ、ホルモン分泌作用や血行促進作用がありますので、血行不良でおきる生理痛を緩和する効果が期待できますので、ぜひお試しになって下さい。

 

生理中の過ごし方で意識しておきたいこと

女性の体は非常にデリケートですが、特に生理中はその傾向が強くなります。生理中の過ごし方のポイントをおさえておくことで、毎月の生理期間を少しでも快適に過ごせるように心がけましょう。

 

体を温かくしましょう

体を温かくすることで生理痛は軽くなります。食事や飲み物も、温かいものを心がけて摂りましょう。また、下着の重ね着などする際は血行が悪くならない程度に。お腹を締めつけるガードルやスリムなジーンズは控えた方が無難です。

 

シャワーよりもお風呂に入りましょう

お風呂には毎日入って、外陰部をいつも清潔に保ちましょう。生理中は家族などに配慮し、湯船につからずにシャワーで済ませる場合が多いと思いますが、シャワーでは体は十分に温まりません。体が温まりやすい半身浴がおすすめです。

 

適度な運動をしましょう

生理中だけでなく、日頃から冷え性対策やダイエット、血行を良くするためにウォーキングが有効です。ウォーキングであれば生理中でも十分できます。下半身のストレッチや足のマッサージといった、自宅で気軽にできることでも継続することで効果が期待できます。

 

鎮痛剤の利用はほどほどに

鎮痛剤は困った時に頼りにしがちですが、依存しすぎないように注意しましょう。普段から服用しすぎると、いざという時に効き目が弱くて痛みが治まらないといったことになりかねません。なお、鎮痛剤を飲んでも生理痛が治まらない場合は、子宮内膜症の可能性が高いので注意が必要です。

 

正常な生理とは?

当然ですが、妊娠するためには生理が正常に来ていることが望ましいです。ただ、ひとことに生理と言っても、生理の周期や期間、出血量まで人それぞれです。あくまで一般的にですが、どのような生理が正常と考えられているのか、自分の生理の状態と照らし合わせながら確認してみましょう。

 

生理の周期

生理は25日~38日に一度の周期で起こっていれば正常です。月経が始まった日を第1日目とし、次の月経の前日までの期間が月経周期となります。月経周期はストレスや体調不良によって左右されやすいので、2~3日程度の差が生じることもありますが問題ありません。最も理想的な周期は28日周期と言われています。

 

生理の期間

1回の生理日数はだいたい3~7日間。4~5日で終わるのが一般的ですが3~7日の範囲内で終わるのであれば問題ありません。2~3日目をピークに出血量が少なくなれば理想的。1週間以上続いたり、出血量が少なく2日ほどで終わってしまう場合は注意が必要です。

 

排卵日

一般的に、生理開始日から2週間後(12~15日後)に起こります。個人差がありますが、3ヶ月程基礎体温を測れば自分の排卵日のペースが分かってきます。

 

出血量

多い日で、2時間に一度ナプキンを替える程度なら大丈夫です。生理時の出血量は約50~180g。しかし出血量を計測するのは難しいでしょうから、目安として「夜用ナプキンを使用しても漏れてしまう」「貧血になる」「2~3日以降も出血が多い」といった状態が続く場合は、何らかの異常があるかもしれません。

 

生理痛

生理が始まる直前か、生理中に起こる痛みを総称して生理痛といいます。軽い痛みなら問題ありませんが、以前とくらべて痛みがひどくなってきたと感じる場合には子宮内膜症の可能性があります。生理痛の原因もいくつか種類があることは、すでに上で述べたとおりです。

 

血液の状態

赤い鮮血ではなく、濃い赤茶のような色をしています。普通の血液とは違い、固まらないのも特徴です。

 

基礎体温

低温期と高温期に分かれているのが正常な基礎体温です。低温期がずっと続いている場合には排卵が起きていない可能性が高いです。妊娠を望む方は自分の基礎体温についてはしっかり把握しておくことをおすすめします。

 

生理前に起こる症状

生理前には精神的・肉体的に特徴的な症状がでます。これはPMS(月経前症候群)と呼ばれ、いたって自然なことですのでご安心下さい。ただし、あまりにも症状が重く、苦痛に感じる場合は何かしら手を打つ必要があると考えられます。

 

身体的症状

腹痛、乳房の張りや痛み、頭痛、肩こり、めまい、冷え、肌荒れ、動悸、耳鳴り、むくみ、過食、体重の増加、疲れやすい、吐き気、等

 

精神的症状

イライラする、無気力、憂うつになる、眠れない、情緒不安定、興奮状態になる、判断力の低下、怒りっぽくなる、緊張しやすくなる、等。

 

「ちょっとおかしいな?」と思ったら早めに検診を

「今までは順調に生理が来ていたのに、最近遅れ気味だし、生理痛もひどくなってきたな…」

もしこのような感覚を覚えたなら、少しでも早く病院で診てもらうことをおすすめします。妊娠の障害要因となる「子宮内膜症」といった病気の場合は、何よりも早目の治療が大切です。

早めの検診を生理は女性である限り常に関係する出来事ですし、特に妊娠をお考えの場合はいつも以上にケアしておきたいポイントになります。中には病院で診てもらうのが恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょうが、これが妊娠できない要因となってしまっては元も子もありません。

生理に関する悩みがある女性は意外と多いものです。不妊で悩む夫婦同様、悩んでいるのは自分だけではないことを自覚し、一歩ずつ妊娠に向けて進んでいきましょう。